にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

okinawa_nippon

アーカイブ

カテゴリー

  • 昨日買ったアラスカ 風のような物語

    以下のような一文がありました。

    心のフィルムにだけ残しておけばいい風景が時にはある。

    星野道夫という人は写真家です。
    写真家がそのようなことを言う。
    それはさておき。

    真実はシンプルなことが多い。
    つまり一文で現すことができる。
    真実にたどり着けるかどうかは別として、
    真実(と思われる)一文を記すことはそれほど難しくない。
    真実さえ知っていればよいのだから。

    しかし、真実を他人に伝えることは意外と難しい。
    なぜならば、真実にたどり着くまでの背景なり伏線なり試行錯誤なりがあり、それらを共有できない人に、いきなり真実だけを伝えても理解されないからだ。

    すべての物体は互いに引き合う。その力の大きさは引き合う物体の質量の積に比例し、 距離の2乗に反比例する。

    という万有引力の法則。これは二文になってはいるが、この文を初めて読んだだけで理解できる人がどれだけいるだろう。何の素養もなく、「物体って何?」「質量って何?」「2乗って?」という人には、そこから説明する必要があるだろう。

    アラスカ 風のような物語では、おそらくほとんどの人が理解できるような情景で

    心のフィルムにだけ残しておけばいい風景が時にはある。

    という一文が記されている。

    私もそんな一文を記したい、と思った時期があったことを思い出した。
    そんな一文でもありました。

    堅あげポテト うすしお味、美味しい。

    Posted by News @ 11:46 PM

    Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。