STAP現象の確認に成功?

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

内容はともかくマスコミの信用性ということで、下記を再確認しておきたい。

●日本の専門家たちの間違い
 一部の専門家は、小保方氏がSTAP細胞のレシピ(詳細な作製手順)を公表するサイト「STAP HOPE PAGE」を開設した際にも、「STAPを今さら研究する研究者は世界にどこにもいない」と批判していたが、それが完全な間違いであったことが証明された。
 ネイチャーのSTAP論文が撤回された理由は、小保方氏が発見した「STAP現象」の否定ではなかったことは前回記事で述べた通りである。
 小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です